カードローン仮審査が第一関門

カードローンでお金を借りたい場合、どのような流れをたどるのでしょうか。まずは申し込み手続きを進めます。すると仮審査が実施されます。仮審査はコンピューターが機械的に審査する工程です。

各カードローン会社では申し込み条件を設定しています。コンピューターでこの条件を満たしているかどうかチェックして、満たしていないと、この段階で審査落ち、融資不可になります。もしここで問題ないようであれば、いよいよ本審査が実施されます。

人間が行うカードローン本審査

本審査は担当者が実際に行います。申し込みの時に提出した書類をチェックし、また信用情報機関という皆さんのクレジットカードやローンの利用状況について管理している機関から信用情報を取り寄せて、審査を実施するわけです。

そのほかにも本審査では、在籍確認も実施されます。在籍確認は申込書に書かれている勤務先で実際に仕事をしているか確認するための作業です。実際に職場に連絡を入れて、在籍しているかどうかチェックします。

もちろんこの時カードローン会社を名乗って連絡は入れません。取引先もしくは友達の体で電話をかけてくれるので、たとえ自分以外の誰かが電話を受けても、それがカードローンの在籍確認であると気づかれる心配はまずないでしょう。

ここまでの審査項目で特別問題ないようであれば、審査通過、融資実行してもらえるでしょう。在籍確認が嫌というのであれば、カードローン会社の一部で給与明細や源泉徴収票など代用の書類で確認をとるところもみられます。