カードローンの審査は会社によって大幅に違います。どの部分を重視するか、どの基準で選ぶのかどうかはカードローンごとによって変わってくるのです。そのため、A社では落ちたとしてもB社では問題なく審査に通る、ということもありえます。

カードローン会社はどんな部分を見るのでしょうか。また審査が甘いカードローン会社はどんな部分を重視しているのでしょうか。

カードローン会社は他社からの借り入れ状況を見る

カードローン会社が重視する項目は、他社からの借り入れ状況です。他社からの借り入れ金額が年収に対して多い場合、または複数社から借りている場合は審査に落ちる可能性があります。しかしはじめてカードローンを利用する場合や、他社から借り入れをしていても3社以内であれば比較的通りやすいでしょう。

そして、3社からトータル100万円借りている人よりも、1社から100万円借りている人のほうがカードローンは受かりやすいとされています。借り入れ金額のトータルよりも、借り入れ件数を重視するカードローンのほうが多いのです。

現状を重視するカードローンが多い

カードローンは年収や勤続年数はもちろん、現状でどんな生活を送っているかどうかを見るところが多いです。 たとえば賃貸マンションよりも分譲マンションに住んでいる人のほうが審査に通りやすく、ローンはもちろんないほうが通りやすいです。実家暮らしで家賃なしの場合も通りやすいでしょう。

独身者よりも既婚者のほうが審査は通りやすく、個人事業主よりも大手企業の正社員のほうがポイントが高いです。 このように、カードローンの審査はポイント制で行われることが多く、マイナス部分が少なければそれだけ受かりやすくなります。

審査の通りやすいカードローンの選び方

審査の通りやすいカードローンは、銀行よりも消費者金融系のカードローンをおすすめします。そして大手企業の消費者金融よりも中小企業のカードローン会社のほうが比較的審査が甘いものです。 また、フリーターや非正規雇用の方でも融資を行っているカードローン会社は、比較的審査が甘い傾向にあるでしょう。

ただし、ブラックリストの人でも歓迎しているカードローンは注意をしましょう。ブラックリストなど明らかにカードローンの審査で落ちる可能性が高い人を受け入れている企業は闇金の可能性が高いです。 高額な利息で利益を得ている違法業者なので、関わらないようにしましょう。現状で受かりそうな、信頼のできる消費者金融を選ぶのが一番です。